アンサンブルの楽しみ

皆さんは、アンサンブルをすることはありますか?

誰かと演奏するのは楽しいですが、難しいことも沢山ありますよね。

 

テンポやリズム感、歌い方など、速くしたり遅くしたり、ブレスを待ったり…。

勿論これらのことは重要であり基本ですが、それだけでは素敵なアンサンブルにはなりません。

 

あなたがピアノ奏者であれば、相手が奏でる音色に自分の音色を溶け合わせるためにタッチの工夫をする必要がありますし、相手の「呼吸」を感じて音楽を作らなければなりません。

自分がリードして相手を乗せてあげる場面、完全に黒子に徹して縁の下の力持ちにならなくてはならない場面もあります。

 

又、一緒に演奏する相手がどんな楽器なのかによっても求められるスキルやテクニック、音楽の作り方も変わってきます。

ピアノ同士の連弾でも、求められることはさまざまです。

 

ソロを弾く上でもアンサンブルの経験は大きな糧になります。

 

あなたも、アンサンブルの楽しい世界をご一緒しませんか