練習とは

弾けないところがあるから練習する。

練習の仕方で差がつく。

どこをどう間違ったかを考えずに何度もやっているうちにまぐれでも出来たらOKみたいな感じは、練習ではない。

 

練習とは、出来るところをより上手く、出来ないところは克服することで、上達する。

なぜ間違ったか、何がどう弾けていないのかを考え、片手ずつゆっくりと、繰り返し練習することで改善し上達する。

 

「考え己を知る」…大事なこと