当教室の年齢ごとの取り組み 2

~『胎内0才~3才』 音を体で感じて楽しむ時期~

 

音の刺激は胎内から受け続けています。

 

情操面を考えると、良質な音を体験するのが良いと思います。

 

アコースティックピアノ、木の楽器、何より一番いいのは歌声。

 

当教室の生徒さんは、先生の歌声やピアノ、様々な楽器に包まれて、

 

音楽教育に基づいてリズム感を養う貴重な時期を過ごしています。