当教室の年齢ごとの取り組み 1

それぞれの年代で成長に特徴があります。

それを認識した上で、日常や音楽教育を受けることが大切だと思います。

まだ幼いからみんなでワイワイ楽しいだけでも良い。

それも楽しくてよいことだと思います。

新しいことを知る喜びも楽しいことですよ。

せっかく音楽教育の指導を受けるのでしたら、幼くても保育ではなく音楽の成長につながる

教育として、学びの場として、学習、知る喜び、成長を楽しんでくださいね。