レッスンコース



ピアノコース

 

ピアノは、手指の使い方やペダルの踏み方でダイナミックな響き、繊細な響きも奏でられます。弾き方ひとつで世界観が変わります。

エレクトーンコース

 

エレクトーンは一つの楽器の音色から、複数の楽器の音を重ねて鳴らせ、一人バンドから一人オーケストラまで表現の幅は無限です。

 

 

子供コース


教材の写真
ソルフェージュ、楽典、歌の教材

ソルフェージュ、楽典、リトミック、歌などのレッスンをすべて含んだものを通常のレッスンとして行っています。

 

当教室は、ピアノやエレクトーンを学ぶ上で必要なことは最初から

「種まきする」という考えです。

年齢ごとの指導のポイント

幼児期

幼児期の教材の写真
幼児期の教材

音の楽しさ、音感の芽を育てる

 

音楽の始まりは、リズムを感じて歌うこと。

 

たくさんの歌を覚えながら、「こころ」と「からだ」で丸ごと音楽と向き合い、音感や音楽の様々な表情やニュアンスを聴き分ける耳を育てます。

両手で簡単な曲も弾けるようになり、歌や楽器で、体を通して音楽そのものの表現を楽しむことを育てます。

低学年

低学年の教材の写真
低学年の教材

創造力の発芽

 

読譜力、テクニック力、聴く力という音楽の基礎を学びます。

 

楽譜から曲を読み解き、創り出す「創造力」を養い、パフォーマンス力を高めます。

バロック、古典、ロマン派、近現代のスタイルの違う様々な曲にもチャレンジします。

 

この時期は、「自分で考えてやる」「達成する」達成感も育ちます。

沢山の小さな達成感を積み上げ、「自信をつける」生きる力も育ちます。    

高学年

高学年の教材の写真
高学年の教材

演奏技術が伸びるゴールデンエイジ

 

指の発達が整い、運動能力としての演奏技術が伸びるゴールデンエイジ。

 

さらにテクニックを強化します。

また、「自ら考える練習」を身に付け、問題点に自分で気づいて判断し、解決して曲の演奏を楽しめるように育てます。

学校では、特技のピアノを発表できるようになります。

中・高校生

中・高校生の教材の写真
中・高校生の教材

高いスキルの習得

 

生徒の好奇心、感受性を大切にして、各個人に最適な内容のレッスンを行います。

 

勉強や部活との両立が難しい時期ですが、長い目で見て接すると、知識を得て、技術を磨き、体感を伴った理解、演奏への反映ができ、高いスキルを身につけることができます。

大人のコース


初心者から、趣味、教育現場の先生方まで

 

 *初心者の方

 *「憧れの曲マスター」という方

 *昔習っていて、また再開したい方

 *シニアの方、趣味で楽しみたい方

 *幼稚園、学校等の教育現場の先生方
 *ブライダル・レストラン奏者を目指す方

 *音大卒などハイレベルな方まで

ご希望に沿った最適なレッスンをご用意しています。

 

グレード、コンクール、保育科、音大受験コース


即興力、初見力、伴奏付けなどの応用ピアノの演奏技術に加え、音楽理論、楽曲分析、音楽史まで体系的に学びます。

 

実力を身につけ、曲の構成感、演奏効果の体感を伴った高度な技術と音楽性を追求します。

 

コンクール、音大受験生、教職、保育士、ブライダル、レストラン演奏者等、それぞれの目標に適した内容でレッスンをしております。

コンクールへの挑戦

当教室では、レッスンを重ねるごとに育んできた美しく豊かな表現力や感性を、大ホールで演奏するコンクールに挑戦することでより深く磨き、成長を支える一翼になればと取り組んでいます。

 

コンクールへの挑戦は、明確な目標の下で、日々のたゆまぬ練習が必要です。

コンクール出場者は、見違えるほどの演奏力の向上と、何よりも大いなる自信と成長が感じられます。