1月 23日, 2020年
親御さんがかつてピアノを習っていたり、音楽に関心や興味があり、家の中に音楽に馴染む雰囲気があるというのは、上達にとって大きなアドバンテージです。 まずピアノを始めるには、親御さんがその気になるということと、お子さんがやってみようかという気になることの両方が必要でしょう。...
1月 17日, 2020年
保育科に合格したため、ピアノを習いたいという方が例年、体験にいらっしゃいます。 保母さんになりたいという意思を尊重しながらも、大学の課程はそう甘くないことを まず納得してもらっています。 どんどん、弾き込んで無事に卒業できるよう、こちらもかなり指導に力が入ります。...
1月 14日, 2020年
日ごろ練習を積み重ねた成果を最大限に披露させてあげたいので、発表会も音響に大変気を使います。 ホール自体の音の反響の仕方、グランドピアノの生の音とオンマイクでの音の響きの違い、ピアノとエレクトーンのアンサンブルでの音のバランス、モニターとスピーカーの調整などなど。...
1月 10日, 2020年
2020年がスタートしましたね! 穏やかなお天気の年明け、いかがお過ごしでしたか? 私は、昨年末の発表会が無事終了し、正月休みは疲れを癒していました。 また、目標を新たにピアノのおけいこをしていきましょう。そして、一緒に成長しようね!
12月 24日, 2019年
早いもので、発表会から2日が経ちました いつも当教室にご協力頂きまして、ありがとうございます 発表会に際しましては、 日頃に増して お力添えを頂き、ありがとうございました(*^.^*) 大人の華麗さの中にも可愛らしさを感じられる、素敵な花束のプレゼントをありがとうございました 玄関が華やいでいます 感謝 感謝です(*^.^*)...
12月 06日, 2019年
幼稚園児からずっとピアノを続けて成人された生徒さん、あるいは、会社勤務の傍ら昭和の60年代から習っていた大人の生徒さん。 今では、発表会の度に手伝ってくれたり、現在活動されている社会人バンドの演奏会にこちらがお邪魔したりと、素敵な交流が続いています。 「生徒」さんから、「音楽の仲間」になっていますよ。
11月 28日, 2019年
「家ではどのようにピアノを練習すればよいのでしょうか?」、よく受ける質問です。 結論から言えば、①「時間ではなく、内容で練習を組み立てる」、②「自分の課題がなんであるかを、意識しながら練習する」ことでしょうか。...
11月 22日, 2019年
コンクールに参加するとなると、練習量が必然的に増えますよね。 ですから、参加することが生徒さん本人による意思によるものでしたら、上達するにあたって、大変良い機会であるに違いありません。 でも、コンクールに参加するに当たっては相当の覚悟が必要ですし、親御さんのフォローも不可欠です。それを事前に了解していただいています。...
11月 15日, 2019年
かつての、ピアノが弾ける女の子を持つことは親の憧れであり、ピアノを習わせるのは一種のステータスであった時代から、大きく変わりましたね。 最近は、「とにかく、いろいろな習い事をやらせてみたい」「とりあえず、将来の選択肢を少しでも増やしてあげたい」ものの一つとしてピアノを選ぶ傾向のように思われます。...
11月 08日, 2019年
「楽譜が読める」とは、「楽譜に書いてある個々の音符や、記号の意味がわかる」ことと理解されている方もいらっしゃいます。 もちろん、このような知識が必要であることも事実ですが、「楽譜が読める」とは、個々の音符や記号の意味がわかるというだけではありません。...

さらに表示する