11月 11日, 2018年
小さなお子様も、大人も、「本物を楽しく」。 音楽を楽しむのに年齢は関係ありませんね。 身に付けたスキルは一生のもの。 きっと人生が豊かになりますよ。
11月 03日, 2018年
具体的に「ここがこんな風に上手に弾けていましたよ🎵」 その方が理解できる言葉で伝えます。 褒めることは相手を「承認」すること。 認めてもらうと、人は嬉しいものですね。
10月 28日, 2018年
譜面を正確に弾くことのその先で何をしたいか… 曲を目の前にし、どう弾きたいのか。 こういう音で、こういう風に表現したい。 その為に、身体をどう使うかを考えて練習する。
10月 20日, 2018年
楽譜は時を隔てて、作曲者から送られてきたラブレターの ような気がする。 時代背景や作曲年齢……伝えたいものをちゃんと受け取りたい。
10月 14日, 2018年
レッスンしていくうちに、 「この子は、こんな音色を奏でるようになるんだろうなぁ」と感じる。 やっぱり…と確認できた時、嬉しくなる。
ピアノ · 10月 07日, 2018年
中学生は、勉強、部活、それにピアノにと本当によく頑張っています。 時間をどううまく使うか…。 先輩たちの経験談に耳を傾け、自分流に計画・工夫することが必要ですね。 いかに効率よく、集中して練習するか。たとえ10分でも…。
ピアノ · 9月 30日, 2018年
コンクールにチャレンジすると、 テクニックの向上は勿論、一つのことを真剣に最後まで成し遂げる経験となる。 これから先の人生の歩み方にもつながり、人間的にも大きく成長する 楽しみな種まきである
9月 08日, 2018年
ピアノを長く大切に使うためには、 季節を問わず、適切な温度や湿度に整えることが重要です。 ピアノにとってベストな環境は、 温度10~20℃、湿度35~65%です。 湿度計が身近にあると色々と便利ですね。
ピアノ · 8月 26日, 2018年
「目先の結果」だけを評価するのではなく、 そこに「到達するための過程」が大切だと 思います。 意欲、計画、実行、とても大事です。
8月 05日, 2018年
崩したり、余分な手を加えたりしない。 作曲家の意図に寄り添い、忠実に美しい音の世界を描き出す。 それゆえ、若きピアニスト、音大生などの模範演奏として愛聴される。

さらに表示する