1月 16日, 2021年
コロナ禍で、感染への心配や経済的な理由で「習い事」を辞めざるを得ない生徒さんもいると聞きます。そういう意味で、「習い事」の意義や価値が改めて問われているとも言えます。...
1月 09日, 2021年
大人になってピアノを始める方が増えています。当教室には80歳を超えたご婦人も在籍していらっしゃいます。 始められる動機は様々です。 「ピアノがうまくなりたい」、「憧れの一曲が弾けるようになりたい」、「子供の時に挫折したので再チャレンジしたい」などなど。...
12月 30日, 2020年
いろんなことがあった2020年も残りわずかとなりました。 当教室は、コロナ対応として、ご父兄のご協力により、皆で心を一つにしてオンラインレッスンに素早く切り替えることができました。...
12月 20日, 2020年
ピアノコースの生徒さんから「やってみたい」という希望が出て、その二人がアンサンブルにチャレンジしました。 楽譜を渡して1ケ月半、エレクトーンに触るのも初めてでしたが、猛練習の成果が出て楽しんで演奏できました。これまで積み上げてきたソルフェージュの賜物ですね。...
12月 06日, 2020年
楽譜からストーリーを読み解き、背景を感じ、それらを音色や感情として、指や体全体で表現できるように。 そう、幼児に対するピアノの指導は、子供の世界が広がるようにする絵本の読み聞かせやお芝居の演出と一緒ですね。
11月 28日, 2020年
やる気が出なかったり、曲のある個所がなかなか弾けないというのは 誰にでもあることです。 こんな場合にどう指導するか、ピアノの教育論として色んな意見があります。 確かに、本格的なピアノを目指しておられるお子様なら、少し厳しめに 指導することが必要なこともあるでしょう。 ただ、誰もがプロを目指すわけでもなく、本格的にピアノを習うという...
11月 14日, 2020年
これまで多くのお子さんを指導し、育ててきました。 ほとんどが、幼児から高校生まで十数年教室に通われる中で、 ピアノというものを通して色々な能力が開花することを目の当たりにしています。 例えば、最初は忍耐力が苦手なお子さんも着実に忍耐力がついたり、 手指を器用に使う能力が身についたり、  ・自分で新しいことに挑戦する力...
11月 09日, 2020年
正確に弾く」ことを身につけるためには、いままで使っていない脳の回路を強化する必要があります。 強化するためには、定着するまで、何度も何度も、刷り込むように反復しなければなりません。 使っていない脳の回路を強化するのは、お子さんにとって大変苦痛なことなのです。...
11月 01日, 2020年
多くのご父兄が悩まれる問題です。 この解決策に入る前に、もう少し、「練習嫌い」の実態を細かく考えてみたいと思います。 大多数のお子さんは、ピアノが嫌いになったから練習しないのではなく、 「課題が少しずつ難しくなり、やってもなかなかできるようにならない」ため、練習が嫌いになるのです。...
10月 16日, 2020年
ピアノ連弾やアンサンブル演奏。 華やかで楽しい演奏ですが、複雑な音型ゆえ、リズムの正確さ、いわゆる ソルフェージュ能力とともに、演奏者相互で呼吸を読み合う要素が不可欠です。 「呼吸を読む」とは…。 それは、「身体の動きを見るだけでなく感じること」、「曲の方向性を一致させること」、...

さらに表示する