6月 22日, 2024年
これは、大リーグ大谷翔平選手の言葉です。 大リーグでトップの成績を残す大谷選手は、 毎回、打席に入る時にベースと自分の脚との距離をバットで測っています。 打撃に関して最も「構え」を重視する大谷選手は、 ちょっとした「構え」のずれがバッティングに大きく影響することをよく理解しています。 ピアノにも同じことが言えます。...
6月 21日, 2024年
今日、☆ちゃんが話してくれました。 「きれいなあじさいを見つけてね。近づいて行ったらお花の上の雨粒が光っていたの」 「立ち止まってお花を見ていたら、傘に雨が当たる音がポト、ポトッ、ポトポトッて聞こえたの」 この間レッスンした曲のリズムにそっくり! 何度聞いても、そう聞こえる。 不思議な雨 「可能性を開花させる教室」...
6月 20日, 2024年
春から中1、高1、大1、社会人一年生になった生徒さん達。 皆、2ケ月経って落ち着いてきました。 吹奏楽、テニス部、バスケ部、水泳部、陸上部、美術部、放送部、軽音楽部、書道部。 新しい環境の中でも、しっかり一歩を踏み出し、活動しています。 もちろん、ピアノ・エレクトーンレッスンも継続。...
6月 19日, 2024年
私がピアノ演奏をすると、幼児さんは自然に……  ♪軽快な曲には、軽やかな動き  ♪重厚感ある曲には、堂々と  ♪流れる爽やかな曲には、舞うように 子供たちの感性で、表現してくれます。 そう。 これが、 これからの「聴く」「表現する」「イマジネーションを拡げる」などの 大きな一歩 一緒に人生が育っていく 長い目でじっくり構えて、楽しい音楽人生を。...
6月 18日, 2024年
曲の雰囲気を味わいながら演奏をしましょう。 短い曲ですが、優雅な雰囲気にあふれています。 バロック時代への入門曲として、こういう可愛らしい曲は最適かと思います。 全体としては、♩4分音符 ♫8分音符の“タンタタ“のリズムが滑らずに弾けるように。 当教室では、特に12小節以降は、手の大きさによって指使いも工夫して演奏してもらっています。...
6月 17日, 2024年
“音に表情を“と言われても… どういうことかしら…?と お思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 本来 無機質な音に命を吹き込むのが、音に表情をつけることです。 音の羅列ではなく、 心を込めて弾く それが演奏 それが音楽です。 「演奏者の意思が感じられる演奏」こそ、表情のある演奏と評されます。 「可能性を開花させる教室」...
6月 16日, 2024年
保護者の方からメールを頂戴しました。 息子は、入会してレッスンを受けるようになり、 ますます童謡を歌って楽しむことが増えました。 レッスンの翌日から『次はいつ行くの?』と聞いてきます。 家での練習も、今は、どの時間が安定するか模索中ですが、 子供が自ら袋から教材を取り出しては練習し、 次々と学ぶ姿勢は、見ている親もワクワクします。...
6月 15日, 2024年
ちょっと頭を柔らかくしましょう。 ここで、Music Quizです。 次のうち、本当に存在する作品はどれでしょう。  ① 結婚式の焼肉  ② 男たちはいつもつまみ食いしたがる  ③ お願いです、変ホ長調の音階を書いて下さい。  ④ 空飛ぶお医者さん 答えは…… 全部です! なんと、すべて本当に存在するのです。 どれも面白いタイトルの作品ですよね。...
6月 14日, 2024年
他人とのコミュニケーションを取る事は意外と頭を使います。 相手に合わせてテーマ選びや間のとり方、リアクションなど、地頭の良さが如実に表れるのがコミュニケーション能力なのです。 例えば、 「洗濯物を取り込んで」とだけお願いしたのに、畳んでタンスに収納するといった行動が出来る人は、 少ない情報からその先を推測できる力があるからこそです。...
6月 13日, 2024年
人には喜び、潤いが必要ですね。 その充実感に満ちた日々の一助になりたい。 レッスンを通して、豊かな人の輪を大きく広げる。 音楽を人生の友として…… 「可能性を開花させる教室」 大野城市瓦田 ピアノ・エレクトーンの音楽教室 下田ミュージックスクール

さらに表示する